いちあんのこと

  ~ 生いたち ~

   「なぜパン屋、か」

     

     食べるもの・食べること、に関わる仕事がしたかった。

     

     ふだん口にするもの、食事にもおやつにもなるものを、

     自分の手で作ることを仕事にしたかった。

     「パン」は日常の食べものであることはさることながら、

     その素材・製法の選択や組み合わせの自由度が高いことにも

     魅力と可能性をみた。

     

     作るほどに、その奥深さと懐の深さに興味をかきたてられた。

   

   サラリーマン生活を経て独立開業を志し、

   専門的な知見と技術を手に入れようと、

   スクールに通うことや修行の道を選ぶことも視野に入れながら

   準備を進めました。

   

   が。

   どうせやるならば、独力で試行錯誤を重ねた方が、

   苦労はあれども得られるものも大きいだろうと

   独学で歩みだしました。

   見よう見まねでの種起こしに始まり、手ごねで生地を作り、

   家庭用のガスオーブンで焼きあげる試行錯誤の毎日。

   日々口にするものだから、

   できる限り安心して食べることができるものを。

   材料選びはもちろんのこと、できる限り手づくりで。

  ~ 無店舗移動販売メインで開業 ~

   2009年3月、

   自家製酵母100%・国産小麦100%のパン屋としてスタート。

   自宅敷地内に3坪ちょっとの小屋を建て、

   2枚差×2段のガスオーブンと架台ホイロ(ドゥコンでない!)、

   30コートのミキサーと、コールドテーブルを押し込んだパン工房。

   当初は売場(お店)を持たないスタイルで、

   自宅前にアウトドア用のでの「露天商」やイベント出店、

   近隣を移動する自転車+リヤカーという行商スタイル。

   のちに自宅の一部を改築して売り場スペースを作り。

   さまざまな出会いやご縁に恵まれ、

   2015年3月現在地にてベーカリーカフェをオープン

instagram

facebook

​メルマガ『いちあん通信』配信中!!

©2008-2020 ichian inc.