取り組みのこと

『 食品ロス削減 【rebake】 』

  「食」を扱うお店を営業する以上、

  食品ロスは避けて通ることができない課題です。

  当店では<売れ残り>と<廃棄食材>がその主なところ。

  

  売れ残り対策としては、『rebake』というサービスを

  活用させていただいています。

  パンのお取り寄せ・通販マーケットの『rebake』では

  食品ロスの削減にも取り組んでいます。

  ▶『rebake』パンのロス削減について

  全国各地のパン屋さんからのお取り寄せもできて、

  新たな発見があるかもしれません。

  ぜひ覗いてみてください。

 

 

  また、当店では旬の野菜や果物や鶏卵を仕入れて

  手をかけることを大切にしています。

  

  素材丸ごと使える農薬不使用のものを使っても

  どうしても皮やヘタや殻の類いは

  廃棄物として生じてしまいます。

  土に還ることが可能な生ごみは、

  養鶏をされている方に引き取っていただき、

  養鶏舎で肥やしとして、エサの一部として

  活かしていただいています。

  この生ごみたちは、私たちスタッフの間では

  「鶏さん行き」と呼んでいます。

『 農福商消連携 』

  「農」:農家さん・生産者さん

  「福」:福祉関連事業者さんやその利用者さんや関わる方々

  「商」:私たちのような事業者・商業者

  「消」:消費者(もちろん私たちも含みます)

  それぞれがそれぞれの存在を認め尊重しあいながら、

  winwinの関係を目指してつながり、

  可能性を探し続ける取り組みです。

  得手不得手、メリットデメリット、好き嫌い、

  まずはまるっと受けとめて最善を探すと何か見つかります。

  

  

  手をかけ時間をかけ育まれる食べものたちを使い切ること、

​  さまざまな人々で構成されるこの社会で

  誰しも互いに役に立つこと、

  を実践することを大切にしたいと思っています。

  

  

  ★小麦粉袋リメイクトートバッグ製作

  ★農産物加工品製造

​  ★カレイドスコーププロジェクト

『 良い食品づくりの会 』

​  ▶良い食品づくりの会ホームページ

 

  【良い食品づくりの会の4条件4原則】

   

   ★良い食品の4条件

    1.なにより安全

    2.おいしい

    3.適正な価格

    4.ごまかしがない

 

   ★良い食品を作るための4原則

    1.良い原料

    2.清潔な工場

    3.優秀な技術

    4.経営者の良心

   「良い食品」を作りたくて、「良い食品」とはなんぞや?

   を追究していた過程で巡り合ったご縁の会。

   2019年、私たちも生産者会員に加えていただきました。

『 所沢パン屋の会 』

  地元のパン屋さんを中心に、

  情報交換や交流を重ねる機会として小さく始まった会です。

  

  小麦粉袋のリメイクバッグ

  このパン屋さんの会から生まれた企画です。

2012パンフェス@京王閣②.jpg